高純度・高性能のドリンク展開可能な美容素材

米由来グルコシルセラミド

セラミドは、肌のバリア機能の維持や水分保持に重要な役割を果たしている脂溶性成分です。

お問い合わせ
米由来グルコシルセラミド|メインイメージ

このような製品にお使い頂けます

淡黄色~淡褐色の水溶性の粉末です。
舌ざわりは若干残る感覚はありますが、ほとんど無味・無臭であるため、邪魔をしない素材です。

  • 飲料

    飲料|米由来グルコシルセラミド活用製品
  • 乳製品

    乳製品|米由来グルコシルセラミド活用製品
  • 菓子

    菓子|米由来グルコシルセラミド活用製品
  • 食品全般

    食品全般|米由来グルコシルセラミド活用製品

米由来グルコシルセラミドとは

希少な米由来グルコシルセラミド

日本人に馴染み深いお米(玄米)から得られる植物性セラミドです。
グルコシルセラミドは、白米に0.0025%しか含まれない希少な成分です。

米由来グルコシルセラミド1.8㎎は約860g※1もの玄米から作られ、この約860gは玄米ご飯に換算すると約12杯分※2になります。

※1:玄米288g~1440gの中間値として
※2:ビジュアルワイド食品成分表(日本食品標準成分表2010)

セラミドは、肌のバリア機能の維持や水分保持に重要な役割を果たしている脂溶性成分

本来、セラミドは水に溶けにくいと言われていますが、当社のセラミドは特殊な製法により、高純度を保ちつつ溶解性を高めることに成功しました。冬場の乾燥肌や敏感肌との関連性も報告されています。

《当社の扱う米由来セラミドの特徴》
高純度・高精製のため雑味が少ない
当社のセラミドは、グルコシルセラミド含量10%以上と高純度なのが特徴です。そのため、他社のセラミドと比較し、雑味が少ないのが特徴です。
国産米使用・国内製造で安心・安全
当社のセラミドは、「米ぬか」から抽出して得られた素材です。原料となる米は国産のみを使用し、製造・加工も全て日本国内にて行っています。

米由来グルコシルセラミドとは

機能性表示食品の記載例

記載例

本品には、米由来グルコシルセラミドが含まれます。米由来グルコシルセラミドには、肌を乾燥しにくくするのを助ける機能があることが報告されています。肌が乾燥しがちな方に適した食品です。

※以下の表現での届出も可能
・肌の潤いを守るのを助ける機能
・肌の潤いを逃しにくくする機能

米由来グルコシルセラミドの有効性

肌を乾燥しにくくするのを助けます。

肌の水分蒸散量
肌の水分蒸散量|米由来グルコシルセラミドの有効性
米由来グルコシルセラミド摂取で肌の水分蒸散を抑制

-健常者を対象とし対照食品と比較した研究の統合結果-
〈研究の選択条件〉

  • ・対象者:健常成人

〈統合した研究の情報〉

  • ・研究数:5研究
  • ・摂取方法:試験食品または対照食品を4~12週間摂取
  • ・各研究の対象者数:22~173人
  • ・グルコシルセラミドの摂取量:試験食品主として1.8 mg/日(0.6 mg/日、摂取量不明を含む) 対照食品0 mg/日

機能性表示食品届出資料別紙様式(Ⅴ)-4より作図

肌の水分蒸散量
肌の水分蒸散量|米由来グルコシルセラミドの有効性
米由来グルコシルセラミド摂取で肌の水分蒸散を抑制

-健常者を対象とし対照食品と比較した研究の統合結果-
〈研究の選択条件〉

  • ・対象者:健常成人
〈統合した研究の情報〉
  • ・研究数:5研究
  • ・摂取方法:試験食品または対照食品を4~12週間摂取
  • ・各研究の対象者数:22~173人
  • ・グルコシルセラミドの摂取量:試験食品主として1.8 mg/日(0.6 mg/日、摂取量不明を含む) 対照食品0 mg/日

機能性表示食品届出資料別紙様式(Ⅴ)-4より作図

※届出表示として、「米由来グルコシルセラミドには、顔やからだ(頬、くび、背中、足の甲)の肌を乾燥しにくくするのを助け、潤いを守るのに役立つ機能があることが報告されています。」と記載する場合のみ使用可能。

米由来グルコシルセラミドの安定性

淡黄色~淡褐色の粉末で
味は無味です。
水に溶けます。

粉末 (保存安定性)

米由来グルコシルセラミドは室温で3年間安定です。

温 度 40℃ または常温 被験物質性状 粉末
保管容器 アルミパウチ
期 間 36ヶ月 指標 グルコシルセラミド
米由来グルコシルセラミドの安定性①

粉末 (加熱安定性)

120℃の加熱では米由来グルコシルセラミドは安定です。

温 度 100℃、120℃、140℃ 保管容器 耐熱性ガラス瓶
時間 30分、60分 指標 グルコシルセラミド
被験物質性状 粉末
米由来グルコシルセラミドの安定性②

水溶液での安定性(pH安定性試験)

幅広いpH領域で安定です。

濃度 0.01% 被験物質性状 水溶液
時間 調整後 指標 グルコシルセラミド
米由来グルコシルセラミドの安定性③

原料・素材に関してお気軽にお問い合わせください

原料・素材に関する技術的なご質問や製品開発に関する各種ご質問など、お気軽にお問い合わせください。