植物由来乳酸菌 -原料別基本情報-

植物由来乳酸菌

生命力が強いといわれる植物性乳酸菌

乳酸菌は細菌の一種であり、植物でも動物でもない。だが「植物性乳酸菌」という言葉をよく耳にしたりするのは、細菌学・分類学上の区別ではなく、主とする栄養源と生育場所によって便宜上、植物性と区分されているからである。植物性乳酸菌の研究は歴史が浅く、その機能すべてが明らかになっているわけではない。塩分濃度が高い、酸性度が強いなど、菌にとって厳しい環境の中で生息しているため、生命力が強いのが特長。そのため、味噌や醤油、漬物などの植物からつくられる発酵食品に生息している植物性乳酸菌が多い。

植物由来乳酸菌の成分・作用

植物性乳酸菌は、野菜や大豆、米などに含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などをエサにして生育する。
多くの方が想像する乳酸菌(動物性乳酸菌)は牛乳にまつわるもの(ヨーグルト、チーズなど)が多いと思うが、植物性乳酸菌は醤油や味噌、漬物や、キムチ、ザーサイなどの食品に豊富に含まれている。
動物性乳酸菌は約20種類ほどだが、植物性乳酸菌はその約10倍もの種類があるといわれている。
植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と比較し、胃酸や胆汁に強い性質を持つ菌が多く、生きたままで菌が腸に届きやすいため、プロバイオティクスとして大きく期待されている。

植物由来乳酸菌原料情報

原料名 植物由来乳酸菌
成分 乳酸桿菌(L.カゼイ)、ラブレ菌など
効果・効能 整腸作用・便通改善、肌の改善効果(水分蒸散量抑制:保湿効果)、ニキビ症状軽減、花粉症の抑制
原料別基本情報一覧に戻る

とは

経験豊富な研究開発によって効果のエビデンスを取得した
機能性表示食品対応素材・一般健康食品素材を提供します

業界をリードする高度な製造管理・品質管理体制で作られた
機能性・安全性・品質とオリジナリティを追求した食品原料素材で、
健康食品の商品化をお考えのお客様のニーズにお応えします。