ハトムギ(ヨクイニン) -原料別基本情報-

ハトムギ(ヨクイニン)

デトックス効果や美肌効果を
持つ古来の食品素材

ハトムギは、南アジアを原産とするイネ科の植物。紀元前1500年には栽培が広まっていたとされる。ハトムギの皮を除いたものは、ヨクイニンと呼ばれ、古来から生薬として用いられてきた。消炎や利尿、肌荒れ改善に効果があるとされており、デトックス効果や美肌効果が期待されている。

ハトムギ(ヨクイニン)の成分・作用

ヨクイニンは、抗炎症作用のある「コイキソール」や抗腫瘍作用のある「 コイクセノリド」や、脂肪の代謝を促進する「9-ヒドロキシ-オクタデカン酸」などの特徴的な成分を含んでいる。
これらの成分により、美肌効果や抗肥満効果が期待されている。また、カルシウムや鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2といった、体に必要な栄養素を豊富に含んでおり、健康維持に働きかける。

ハトムギ(ヨクイニン)原料情報

原料名 ハトムギ(ヨクイニン)
成分 コイキソール、コイクセノリド、9-ヒドロキシ-オクタデカン酸
効果・効能 デトックス、美肌、抗肥満
原料別基本情報一覧に戻る

とは

経験豊富な研究開発によって効果のエビデンスを取得した
機能性表示食品対応素材・一般健康食品素材を提供します

業界をリードする高度な製造管理・品質管理体制で作られた
機能性・安全性・品質とオリジナリティを追求した食品原料素材で、
健康食品の商品化をお考えのお客様のニーズにお応えします。