セミナー・イベント情報

<期間限定オンデマンド配信>
『Withコロナ時代の機能性表示ヘルスクレームトレンド
 ~受理状況を踏まえ注目素材をご紹介』セミナー

受付終了

こんな方にオススメ

  • 消費者に響く商品開発のヒントを得たい方
  • Withコロナ時代に求められる新しいヘルスクレーム、トレンドを知りたい方
  • 機能性素材に関する新しい情報を探している方
  • 飲料や食品の機能性表示食品開発をご担当されている方
  • 届出に必要な研究レビュー(SR)の質に不安がある方

講演内容

【第1部】With コロナ時代における、
機能性表示食品のヘルスクレーム展望

講演概要

  • ・新型コロナで生活環境が変化したことによる健康への影響
  • ・機能性表示食品に関する2020年と2021年の受理件数機能別の比較による展望
  • ・腸内環境に関するトピック
  • ・肥満と脂肪に関するトピック
  • ・肌に関するトピック
  • ・今後展開が期待されるヘルスクレーム

講演者プロフィール

ヘルスフード開発コンサルタント 山路明俊

宇都宮大学 農学部農芸化学科卒業後、市場でブランドを展開する食品企業の研究部、企画開発部を経て、1983年より健康食品企業で、自然食品、オーガニック食品、サプリメントの企画開発、マーケテイングに従事。さまざまなジャンルの健康志向商品を開発し、特に家庭用の機能性植物油関連商品は市場を先導した。その後、新規健康食品素材の研究開発、マーケテイングを手がけ、現在は、ヘルスフード開発コンサルタントとして、主にサプリメント事業へのコンサルテイングを実施している。

【第2部】腸活のための機能性素材としての
大麦若葉末の可能性

講演概要

  • ・青汁素材としては知名度の高い大麦若葉末とはどのような素材か?
  • ・最近得られた腸内環境改善や美肌機能の新知見とメカニズム
  • ・食品への応用を想定した大麦若葉末の”腸活素材”としての可能性の紹介

講演者プロフィール

㈱東洋新薬 研究開発本部 管理部 マネージャー 鈴木誠

東京大学大学院農学系研究科を修了後、2007年に㈱東洋新薬に入社。機能性素材の開発や、特定保健用食品・機能性表示食品の新規機能性開発から行政対応業務に10年以上従事。

メッセージ

青汁の主要素材として知名度の高い大麦若葉末のもつ、腸内環境や肌に与える効果をご紹介します。お客様の商品開発、消費者の健康にお役に立てればと考えています。その他取り扱い素材もございますので、お気軽にご相談ください。

【第3部】NEAT及びEATに着目したエナジーマネジメント素材としての
葛の花エキスの可能性

講演概要

  • ・葛の花エキスとは?
  • ・葛の花エキスの体脂肪低減作用と機能性表示食品への応用
  • ・NEAT・EATと葛の花エキスのエネルギー消費亢進作用について
  • ・コロナ禍における生活様式と葛の花エキスのご提案
  • ・葛の花エキスの物性、風味の紹介

講演者プロフィール

㈱東洋新薬 研究開発本部 開発部 マネージャー 高嶋慎一郎

九州大学大学院生物資源環境科学研究科を卒業後、大手日用品メーカーにて特定保健用食品の商品開発に11年間従事。2013年に㈱東洋新薬に入社、研究開発部門にて特定保健用食品及び機能性表示食品の開発などを担当し、現在に至る。

メッセージ

機能性素材を活用した食品で、みなさまの「健康の維持・増進」のお手伝いができればと思っています。弊社ではさまざまな素材の取り扱い実績がありますのでお気軽にご相談ください。

ウェビナー概要

   
日程 2022年2月18日(金)~25日(金)
時間 09:00~18:00
(※開催期間中いつでも視聴いただけます。)
参加費 無料
共催 株式会社ヘルスビジネスメディア、株式会社東洋新薬
参加方法 事前登録制(無料)
※先着100名様
下記お申し込みフォームよりお申し込み頂きます。
スケジュール 開会挨拶:㈱ヘルスビジネスメディア  代表取締役社長 大矢均(5分)
第1部講演:ヘルスフード開発コンサルタント 山路明俊(20分)
企業紹介:㈱東洋新薬 健食営業部 取締役 池田史宏(10分)
第2部講演:㈱東洋新薬 研究開発本部 管理部 マネージャー  鈴木誠(20分)
第3部講演:㈱東洋新薬 研究開発本部 開発部 マネージャー  高嶋慎一郎(20分)
視聴方法 YouTubeでのオンライン配信
  • ※お申し込みフォームに入力いただいたメールアドレス宛てに配信開始前日までに、
    YouTube視聴用URLをお送りします。
  • ※開催期間中いつでも視聴いただけます。
本イベントの受付は終了しました。

原料・素材に関してお気軽にお問い合わせください

原料・素材に関する技術的なご質問や製品開発に関する各種ご質問など、お気軽にお問い合わせください。